Ba capitalとはどんなFX業者?怪しい?解説

Ba capital

あなたはBa capitalとはどんな業者か知っていますか?

検索しても情報がほとんど出てこないため、どんな業者なのか分からず、怪しさや危険に感じる人も多いですよね。

そこでこの記事ではBa capitalについて情報をまとめましたので、安全かどうかを判断するためにぜひ最後まで読んでみてくださいね。

アイキャッチ画像出典:https://www.bacapitalpty.com

Ba capitalとは?会社概要

BA Capitalは海外のFX取引業者です。

取引を取り扱っているのはドルや円などの通貨はもちろん、日本やニューヨークをはじめとした株価指数、ゴールドやシルバーなどにも対応しており、それに加えなんと、「ビットコイン」にも対応しています。

海外の業者と聞くと「珍しい」と感じる方もいると思いますが、実は日本でも海外FX業者は活動しています。

海外のFX業者として有名どころとしては、日本で人気1位のXM tradingGEMFOREXなどがあり、日本で活動している海外FX業者は数多くあるんですね。

Ba capitalは怪しい?金融ライセンスの有無

海外の業者ということで、「怪しい」「大丈夫なのか」と思う人もいると思います。

Ba capitalのホームページによると、

BACapitalはCanada金融当局の金融ライセンスを取得しております。 

当社は当ライセンスの下、Canada金融当局により規制されております。 

当社の証拠金管理については、当社資金と分別管理しお客様の資金を守ります。

ライセンス番号:MSB registration number: M22883881

https://www.bacapitalpty.com/index-articleshow-id-39-catid-61.html

とあり、写真付きでしっかりとカナダの金融ライセンスを獲得していることが分かります。

金融ライセンスはお金に関するものであり、法でしっかりと取り締まりがされています。

金融ライセンス申請する上で国からの認可条件も厳しいことが多いので安心して利用することができますね。

他の海外FX業者との違い、強味3選!!

https://www.photo-ac.com/main/detail/24105615#goog_rewarded

Ba capitalの強みや他の業者にない特徴を3つご紹介します!

Ba capitalの強み
  • レバレッジ額に制限がない
  • スプレッドが狭い
  • 口座開設ボーナス、入金ボーナスが他の業者より高い

レバレッジ額に制限がない

他の海外企業では、レバレッジをかけられる倍率ごとに制限がかかっている業者も多いです。

例としてXMtradingのスタンダード口座を挙げると、

  • 500~20,000ドル:1000倍
  • 20,001~100,000ドル:200倍
  • 100,000ドル以降:100倍

という感じで口座残高が高い人の場合、レバレッジに制限がかかってしまい、大きな金額の取引ができずに思うようなトレードができない点があります。

Ba capitalでは口座残高にかかわらず、無制限でレバレッジ倍率1000倍の取引ができますので「大きな資金を動かしてさらに利益を出したい!」という方にはおすすめです。

スプレッドが狭い

通貨のスプレッドは業界でも低い水準となっており、通貨のスプレッドは1.8 pips~2.5 pipsあたりで推移しています。

公式サイトより、最低スプレッド

口座開設ボーナス、入金ボーナスが他の業者より高い

現在、Ba capitalではさまざまなボーナスを付与しており、まず口座開設で3000円ボーナスがあります。

入金も初回入金は400ドルまで100%ボーナス400ドル以降は20,000ドルまで30%ボーナスという業界でも最高クラスのボーナスがついています。

これだけのボーナスが付いてくる業者は他になかなか無いため、キャンペーンが終了してしまう前に口座開設しておくのがおすすめです。

こちらのキャンペーンはいつ終了するか分からないので、早めに登録するのが吉となっております。

Ba capitalとはどんな業者?解説 まとめ

Ba capitalは海外のFX取引業者であり、しっかりとカナダの金融ライセンスを受けて運営されている会社です。

海外のFX業者は日本にも数多く参入しており、Ba capitalはまだまだ知名度が低いですが、代わりに他の海外FX業者よりもボーナスが充実していることが分かりました。

これを機にあなたもBa capitalを利用してみるのはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました